2018/12/26

Colltex CT40 メンテナンス

 2017-18シーズン終了時、愛用のをした。CT40はすでに生産中止のモデルだがグルーを使わず小さな吸盤の圧着によってソールに張り付くという画期的なシールで、グルータイプのように夏場の保管も神経質になる必要もなく、シールのつき具合も初期接着が弱いとの声もあったがスキンワックス等で圧着すれば剥がれるようなこともなく、仮にのり面に雪がついても払うだけで圧着でき、リカバリー性能も高く気に入っていた。
 だから、特に水洗いするだけでこれまでメンテナンスらしいメンテナンスはしてこなかったのだが、廃盤となり専用のリペアキットもいつまで手に入るかわからなかったので、専用リペアリキッドなるものを買ってみた。
これにより初期接着が良くなるらしい。
 手順はクリーニングしたCT40ののり面(吸盤面)にボトルの裏蓋についた専用の刷毛で塗るだけなのだが・・・・
 いきなりボトル裏についた刷毛が折れてボトル底に沈んでいた。幸先の良い感じ。

気を取り直して刷毛をピンセットで拾い手じかにあった棒を刺して刷毛で塗り込む・・・が徐々に刷毛がオレンジ色に・・・
どうも吸盤面が溶剤で溶け出している感じ・・・!!!

なんだこれ!

冒頭に言った通りCT40は吸盤でくっつくタイプ。
グルー(のり)の接着力でくっつくタイプじゃない。
オレンジの細かい吸盤の形状が溶剤で溶けているとしたら元も子もない・・・・のじゃないか?

一応全体には塗ったものの良くなった?リペアできたのか?

今シーズン使ってみてどうかなですが、溶解したノリ面を見るとこのメンテナンスリキッドは、あんまりオススメしないな。
どうみても溶解してハゲてる!!

2018/12/18

K2 Pinnacle 130LV

アップするのを忘れていた投稿をアップ

今期(2017-18)、ブーツを変更した。
これまでのブーツに大きな不満は無かったものの、そろそろ次も考えないとな・・・
 僕のニーズはというと、
  1. TLT対応(もちろんウォークモードあり)
  2. アルペンビンディング兼用
  3. (出来れば)4バックル
  4. 少し剛性が欲しい
いわゆるアルペンベースの兼用靴が希望。

Dynafit・Atomic・Lange・Salomon・Tecnica等主立ったTLT対応ブーツは履いてみたが
正直、あまりピンとくるものが無く、今シーズンも見送りかな・・・と思っていた。

友人に会いに、ゲレンデスキーをメインとする某量販店の受注会に行った際、唯一TLT対応ブーツが置いてあったのが「K2」。
せっかくなので足入れしてみる・・・・・。

「これ、イイ!」(心の声)
ストンと足が入り、足裏がべたっと踏める。
ちょっと感動!!!

K2の営業さんも、
「25.5ですか、今季全国で6足しかもうないです。」
追い討ちをかける・・・・

あ〜衝動買い。

2018/02/12

2017-18シーズン

かなり長い事、放置しておりすみません。
2017-18シーズンも滑っております。
一部マテリアルも変更し、相変わらずこまごまDIYしております。
 

2017/01/08

ブーツチューン2017-vol1

2017シーズンも雪不足・・・
仕方がなく、基礎板を履く機会が多くなる。
これまで、基礎板でも僕が使うようなグレードの板なら、ブーツの剛性不足などさほど気にならなかったのだけれど、ブーツの前後の剛性がもうすこしあってもいいのかな?と少し思うように・・・
おそらく固い雪ばかり滑っているせいか?

という訳で、性懲りもなくDYNAFIT TITAN ULをこねくり回す。

市販のスポイラーを挟むことも考えたが、足首回りに余裕もなく、アッパーカフに1枚固いものを挟んでみようと、手持ちのジャンクパーツを漁ると、REXXAM DATAのリアスポイラーがでてきた。

元々がアッパーカフの高さ調整のものだけに、さほど素材自体に剛性感はない。




それでも、シミュレーションしてみるといくらかは固くなる感じ。

アッパーカフにドリルで穴をあけ、ボルトで固定。

※ボルトはカフが重なるところなので、なるだけ平坦なものを選び長さも4mmですむ、アルバム用の留め具を使用。

ただ、この金具あまりトルクがかけれないので、ロックタイトをいれしめこんだ。

ジャンクパーツ?出合わせた割には上手く収まった。

少しでもトップの抑えが良くなるといいけど・・・

※昨シーズンまでは曲げ加重というより伸ばし加重の意識が強かったから気にならなかったフレックスが、少し意識的に曲げ加重にするとスキーより先にブーツが曲がる感じが少し気になるように・・・たぶんソレが理由。
 基本的にはブーツは柔らかくてもいいと思ってはいる。
ただ、本当に固い板特にトーションが固い板は、固いブーツの方がバランスがいいとは思う。


2016/10/30

2016-17シーズン

久々の投稿・・・

いろいろありまして・・・しばらく更新できませんでした。すみません

16-17シーズンもそろそろ始まりますが、間際になって新車を投入。

昨シーズン、雪不足のため仕方がないのでゲレンデばかり滑っていましたが
小回り板がどんなにチューンしても、ズレるというか、足元が逃げるようになり
さすがに買うしかないかな・・・と

思ってはいたのですが、いまさら?小回り板を買うのも・・・と
ためらっていました。

まあ、久々にネットで「ポチッ」と

試乗もしていなかったので、手堅く昨シーズンまで使っていた板の15-16モデルを
手に入れ、せっせと10月に入ってからワクシング。

今年の夏はいつまでも暑くてかないませんでしたが・・・
10月に入って急に気温が下がってしまい、例の日干しをしても今一つ、ワックスが入らず。

すでに2~30回は入れていますが、いまだに気泡がチビチビと出ます。

あ~どうせ買うならさっさと買えばよかったと今さら・・・後悔しております。


2016/01/31

2016初ハイク

この辺りはまだまし・・・・この後は…汗!!
今季初ハイク。
どうにもこうにも雪がない。
先日の大寒波で、ようやくまとまった雪がホームにもあった。

しかし、絶対量が無い。

条件が悪いことはわかっていたが、ハイキングがてら裏へ
案の定、まだまだブッシュが隠れていないうえ、笹薮に積もった雪は
雪の下に大きな空間があり、踏み出すごとに周りが沈む・・・・・

まるで、深雪のラッセルをしているかのように、足を大きく上げないと
笹トラップにはまる・・・・

それでも一応、状況確認のためいつものスタート地点まで登った。

上部もやはりブッシュが隠れておらず、笹トラップだらけ・・・
笹目?に滑らないとスキーを横にするとヤバそうだ。

沢はまずまずの積雪のようだが、そもそも下は水場のはず・・・
沢のボトムを攻めることはできない。

それでも、雪のある所を狙い滑るが、高度が下がると景色が・・・・
緑だ!!

1mほどの笹林・・・・
白い世界ではなくグリーンだ!!

笹ポールを滑るかのようにわずかなラインを見つけ滑るが、斜度がきついところは
笹下に雪がない。(汗)

それでも何とか・・・・
ちょっと考えさせられるトラブルもあり続きはまた・・・・




2015/11/29

DIY:カラビナのロック

また、細々としたDIYをご紹介。

僕のホームゲレンデでのシーズン券は顔写真付きの記名式。
だから、チケットホルダーが必要で、主にカラビナ式のものをパンツにぶら下げるスタイルがデフォルトだ。

しかしこのカラビナ。チケットホルダーに付いているようなものは大体同じようなグレードのアルミのものが多く、100均一で購入出来るものとさほど差はないモノが多い。

このアルミのカラビナ、あまり信用ができない。もちろんアルパイン用のモノと違い、たかだかチケット一枚ぶら下げるだけなのだから、強度的にも強いモノは必要ない。

しかし、特にアルミ製の小型のモノはふとした衝撃で、ラッチが開き外れる事がある。
経験のある方も少なくないだろう。
アルパイン用でなくてもロック付きのカラビナというのは有るにはあるが、大型で重量がかさむものが多い。
僕の場合、スクリュタイプの小型のモノを使用していたが、それでもある日スクリュが緩み開いていた事があり、ヒヤッとした事がある。(シーズン券を落とすなど想像したくない。)
それ以来、スクリュの上からテープを巻くようにしているが、それもまたスマートじゃない。
小型で軽量、安価でロックのついたカラビナ・・・。


で思いついたのが、コレ!

100均一のアルミのカラビナにスライドロックを付ける。
スライドロックは、ストロー。
口径の合いそうなストローをカットして差し込み、ストローをスライドさせて開口部をロックしてしまう。

ストローをラッチの長さにカットしてスライドさせるだけでもいいのだが、ストローとカラビナの摩擦だけではいささか不安。
曲がるストローのジャバラ部分をカットして差し込めば、伸ばしてロック、チジメてロックオフが出来、早々ロックが外れる事はないだろう。

もちろん、強度が上がるわけでは無いが、このジャバラロックはかなり安心度が上がるんじゃ無いかな!?
お試しあれ!